介護施設の種類

介護施設にはどのようなものがあるのか詳しく知っておこう

介護施設はさまざまな種類がありますが、受けられるサービスや費用、手続きの方法が異なります。ここでは、それぞれの介護施設について見てみましょう。

介護付有料老人ホーム詳細を見る

介護付有料老人ホームとは、各都道府県から「特定施設入居者生活介護」の指定を受けた有料老人ホーム。要介護者に対して、食事や入浴、排泄など、日常生活のサポートを行うとともに、リハビリ訓練を助けることが目的です。そこで生活することになるため、住居としての住みやすさ、入居者に対する職員の人数比などを検討しておきましょう。

住宅型有料老人ホーム詳細を見る

住宅型有料老人ホームとは、軽度の要介護者や自立・要支援状態の高齢者を対象とした施設です。受けられる介護サービスの選択肢が広いため、必要なものを選ぶことができます。ただし、職員が常駐しているわけではなく、ちょっとした頼みごとなどが任せにくい点がデメリットです。住みやすさを事前に比較しておくとよいでしょう。

健康型有料老人ホーム詳細を見る

健康型有料老人ホームとは、自立して生活できる高齢者を対象とした施設です。通常は一人で生活できるものの、万が一のことが起きたときに心配という方に向け、サービス付きのアパートとして機能しています。入居者同士で楽しく交流しながら暮らせる、高齢者専用の集合住宅と認識するとよいでしょう。

サービス付き高齢者向け住宅詳細を見る

サービス付き高齢者向け住宅とは、都道府県が認可・登録する賃貸住宅。バリアフリー化が行われているものの、一般の賃貸住宅という区分です。居住者が求めるのであれば、食事や訪問介護といったサービスを受けることができます。日中は介護の専門家たちが在籍しているので、安心して過ごせると思います。

特別養護老人ホーム詳細を見る

特別養護老人ホームとは、身体または精神に障害を抱えており、常時介護が必要な方を対象とした老人ホームです。入居希望者の入居に関する審査を行うのは、市役所や地域包括委員会に設置されている入所検討委員会。日常生活の世話はもちろん、リハビリや健康管理など、幅広く対応できるサービスなので、競争率は高いです。

介護老人保健施設詳細を見る

介護老人保健施設(老健)とは、心身の機能回復を行い、在宅復帰を目指す施設です。施設利用時は、同時に介護サービスを受けることができます。医学的なケアも受けられやすく、利用料も低いことから人気です。ただし、競争率は高いものの、比較的入居しやすいと言われています。

介護療養型医療施設詳細を見る

介護療養型医療施設とは、一般的に医療法人が運営する医療施設。主な目的は、急性疾患から回復期に移行した寝たきりの患者様へ、医学的管理によるケアです。そのため、症状が快方に向かったら退所することになります。病院に近いですが、介護サービスを受けられるという点がメリットです。

グループホーム詳細を見る

グループホームとは、社会福祉法人や地方自治体、NPOが主体となって運営する介護施設です。病気や障害で日常生活が困難な高齢者が、専門職員の介護を受けながら、少人数で生活します。一般の住宅に近い形態で共同生活を行い、要介護者が自立できるような体制を整えていることが特徴です。

軽費老人ホーム詳細を見る

軽費老人ホームとは、身体機能の低下等により、日常生活に不安な高齢者が対象です。身寄りがない、家族との同居が困難といった事情がありますが、自治体からの支援も受けていることから、比較的少ない費用で入居できることがメリットです。

老人ホームと一口で言っても、運営する団体や提供する介護サービスの内容は異なります。ご家庭の事情や競争率等に応じて、最適な入居施設の種類は変わります。十分に比較検討したうえで適した施設を利用しましょう。

タウンライフ介護 老人ホーム無料センター
Go Top