介護施設の探し方

自分に合った介護施設を選ぶには?

高齢者人口が増え、核家族化が進んでいる現在、介護施設に入居することになる人も増えています。今までの家庭環境で生活できなくなった、介護が必要になった、老後の生活を安全に、安心して暮らしたいなど、その理由はさまざまでしょう。そんな時、どのような基準において介護施設を選ぼうと考えるでしょうか。
介護施設には、特別養護老人ホームや介護老人保健施設、軽費老人ホーム、ケアハウス、有料老人ホーム、さらに近年増えているサービス付き高齢者向け住宅など、数多くの種類があります。それらは費用も、受けられるサービスも、入居条件もさまざまです。こちらでは、介護施設の選び方や探し方について見ていきましょう。

探す媒体はインターネットが便利詳細を見る

介護施設を探すなら、インターネットが便利です。雑誌やパンフレットなどのあらゆる媒体に比べても圧倒的な情報量がありますし、分かりやすさ、手軽さの面でも優れています。
インターネットを利用する際に気を付けたいのは、「情報を鵜呑みにしすぎない」ことです。さまざまなサイトを読み比べ、情報を自分で取捨選択するようにしてください。

身体の状況から選ぶ詳細を見る

介護施設を選ぶ際に重要なポイントとなるのは、身体の状況です。もちろん、現状で介護が必要な方の場合は、それに見合ったサービスを受けられる施設を選ばなくてなりません。しかし、健康な方も、将来を見据えて慎重な選択をすることをおすすめします。現在身体に問題を抱えていなかったとしても、入居後に介護が必要になってしまうケースもあります。そういった際に、外部の介護サービスや、関連施設の介護サービスを利用できるような施設を選ぶというのも、選択肢の一つだと言えるでしょう。

施設でできることから選ぶ詳細を見る

介護施設を探す上で、事前に確認しておきたいのは、受けられるサービスの内容です。介護ケア、医療ケア、生活支援、食事、イベントなど、どのサービスが充実しているかは、施設によって違ってきます。
健やかで楽しい毎日を過ごすためには、自分の希望に合ったサービスを受けられる施設を選ぶことが必要です。事前にそれぞれの施設の特徴を把握し、入居後に不便を感じたり、後悔をしたりすることがないような選択をしましょう。

費用から探す詳細を見る

介護施設を選ぶとき、やはり費用は気になるポイントでしょう。医療ケア、リハビリケアが充実している、各種施設や建物が整っている、といった施設は当然費用が高くなってしまいます。逆に、それらの充実度が低かったり、アクセスが悪かったりするような施設はその分低費用で入居することが可能です。
施設によって支払う費用はさまざまですから、自分の生活水準に合った施設を選択することも、楽しい老後を送るための重要な要素です。

体験入居や見学の際にチェックリストを作る詳細を見る

快適に過ごすことができる介護施設を選ぶためには、見学や体験入居を通して、自分の目で見てみることが大切です。インターネットやパンフレットに載っているような情報や写真では、その施設の現状を正確に掴むことは難しいでしょう。
見学や体験入居の際は、施設のタイプや運営方針などの基本的なことから、立地、居室、共用施設、生活支援サービスなどのチェックポイントをリスト化しておくと良いでしょう。

契約時の注意点詳細を見る

近年の高齢化に伴って介護施設が増加する中、その設備やサービス内容、費用も多様化してきています。施設を選ぶとき、さまざまある条件を事前に確認しておかなければ、思わぬトラブルに発展してしまう可能性もあるでしょう。良い施設を見付けたとしても、不明点がある場合は、しっかりと事前に確認をしてから契約に進むようにしてください。

タウンライフ介護 老人ホーム無料センター
Go Top