介護保険について

介護保険の必要性について

介護保険制度に関して詳しく知っておくことは、介護の資金計画を組み立てていくことにも役立ちます。介護は、今後より必要性が増していくであろうと考えられているので、法律に関してもある程度知っておくことをお薦めします。

基礎知識詳細を見る

少子高齢化や核家族化が進み、それまで当たり前だった、家族で介護を行うということが難しくなりました。そこで施行されたのが介護保険制度です。
介護保険制度の登場により、社会全体が要介護者をサポートする体制が整えられ現在にいたっています。
介護保険は、訪問介護、通所介護、宿泊介護などの様々なサービスに適用されます。利用者の負担は最大で1割まで軽減されるため、介護を受ける場合は認定を目指しましょう。

実施状況と今後の対策詳細を見る

介護保険制度が実施されたのは2000年ですが、現在は当初のおよそ倍の方が介護保険を利用しています。利用者が増加した背景として、平均寿命が延びたことや、利用するサービスを自分で選定できるようになったことがあります。またネットの普及によって、サービスに関する理解を深めやすくなったことも理由の一つと考えられます。
利用者が増加しているということは、それだけサービスが隅々に行き渡るようになっているという裏付けでもありますが、逆に利用者が増えたことによって浮き彫りになった課題もあります。

申請と判定詳細を見る

介護保険の適用を受けるためには、まず要介護認定を受ける必要があります。要介護認定は、「自立」から「要介護5」までの8段階からなり、疾患や病気の状態が重いほど、後者に近付いていき、後者に近付くほど利用者の負担額が少なくなる仕組みです。なお最軽度である「自立」は、介護保険の利用はできないものの、所定のサービスを受けることが可能となります。自立の認定を受けた方も、その後介護が必要になる可能性は充分にあるため、介護予防に取り組んでいくことが望ましいでしょう。 なお要介護認定は、有効期限が半年間と定められており、半年以上介護保険を継続して利用した場合は、都度認定を受ける必要があります。

費用負担について詳細を見る

介護保険は、適用されれば1割負担で各種の介護サービスを受けることが可能ですが、要介護の度合いによって、サービスの支給限度額が定められています。各レベルで定められた支給限度額を超えた場合、サービスは全額自己負担となります。なお所定の条件をクリアしている場合、介護施設の部屋代や食事代などに対して、軽減措置が適用される場合があります。
それでも介護にかかる費用は大きいものです。介護保険の適用を加味しながら、しっかりとした資金計画を立てるようにしましょう。

第1号保険者と第2号保険者詳細を見る

介護保険の適用を受ける人には、第1号保険者と第2号保険者がいます。この二つの違いは、簡単に言うと年齢的なものです。第1号被保険者は65歳以上、第2号被保険者40歳以上64歳以下の方がそれぞれ該当します。第2号被保険者の条件として、特定疾患にかかっているということも挙げられます。代表的な特定疾患は、末期がん、認知症、骨粗鬆症などです。高齢者によく見られるこれらの疾患にかかると介護が必要となるため、若年層でも被保険者の対象となるのです。
また40歳未満で介護保険を利用したい場合には、民間の介護保険があります。保険料の違いが出る場合もあるので、きちんとした選別を行うことが重要です。

介護保険の改正について詳細を見る

今後加速するであろう高齢化を見越し、2015年に介護保険制度が改正されました。改正内容には、保険料の公平化、特別養護老人ホームへの措置、認定基準の引き上げなどがあります。今までの問題点を解消するための改正であるため、今後より一層介護が身近なものになるかもしれません。

タウンライフ介護 老人ホーム無料センター
Go Top