有料老人ホームの詳細

老後の住まいの選択肢の一つとなる有料老人ホーム

核家族化が進む現代、両親と同居する家庭は減少してきています。一昔前のように、長男が代々家を継ぎ、親の面倒を見るのが当たり前の時代ではなくなりました。
そこで考えなければならないのが、年を取っていく世代の介護についてです。近年では、安くて入居しやすい有料老人ホームも増えつつあり、一人で生活することができない高齢者の受け皿となっています。こちらでは、有料老人ホームの概要や費用、サービス内容などについてご紹介します。

基準と定義詳細を見る

有料老人ホームとは、どのような施設なのでしょうか。有料老人ホームは、介護の提供、家事、健康管理など、老人の日常生活をサポートするサービスのいずれかを行っている施設と定義づけられています。
ただし、介護老人福祉施設や、認知症高齢者グループホーム、デイサービスなどはこれに当たりません。他施設との基準や定義の違いを知っておかなければ、条件が合わず入居ができないということも考えられるため、正しい知識を持つことが大切です。

かかる費用について詳細を見る

有料老人ホームを利用する際にかかる費用としては、入居一時金、月額利用料、介護費用など、さまざまなものが挙げられます。これらの費用は、受けるサービス内容や、利用条件、病気の有無などによって変動します。それが入居中に変わることで、別途料金がかかる場合もあるでしょう。
また、入居するホームによっても違いがあるため、あらかじめ確認をし、どのくらいのお金がかかるのかを計算しておくことをおすすめします。

提供されるサービスについて詳細を見る

有料老人ホームには、さまざまなタイプがあり、それによって提供されるサービスが異なります。「介護付き老人ホーム」は介護の必要性が高い方、「介護付き老人ホーム」は見守り・生活支援だけで問題ない方、「健康型有料老人ホーム」は基本的に自立した生活ができる方に適している施設だと言えます。
自分にとって必要なサービスは何か、どこならば快適な生活を送ることができるか、などを加味しながら施設を選ぶことが大切です。

数の推移詳細を見る

近年、有料老人ホームの数が急激に増えてきています。その理由として挙げられるのは、高齢化の進行によって、自分たちだけでは暮らしていくことができない高齢者が増えてきたことによる需要の増加。特に、平成18年の老人福祉法の改正により、その増加はさらに加速しました。
また、有料老人ホームの増加によって、介護の受け入れ先が広がり、サービス内容も多様化してきました。自分に適した施設を選ぶためにも、各施設の特徴や、サービス内容を事前に把握しておくことが重要です。

種類と特徴詳細を見る

有料老人ホームには大きく分けて、「介護付き有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」があります。それぞれに特徴、サービス内容、入居条件などが違うため、その人の要介護度によって適切な施設は異なるでしょう。特に、介護付き有料老人ホームは、その中にも種類があるため、よく確認しておきましょう。
また、権利形態もそれぞれで異なるため、現状・将来の両方を見据え、慎重な選択をするようにしてください。

入居するメリット詳細を見る

誰しも年をとると、体の自由が利かなくなり、ケガをしたり病気をしやすくなったりするものです。体の衰え方によっては、誰かに日常生活のサポートを受けなければ、快適な暮らしを送ることは難しくなってしまいます。
施設やサービスが充実した有料老人ホームに入居する最大のメリットは、そういった精神的・身体的な障害から解放されることだと言えるでしょう。日常におけるさまざまな場面でサポート受け、快適に過ごすことができれば、第二の人生を楽しむことにもつながっていくはずです。

タウンライフ介護 老人ホーム無料センター
Go Top