介護サービスの基礎知識

これから身近になる介護サービスについて知ろう

近い将来、自分の身近な方、または自分自身にとても重要な位置付けになるもののひとつとして、介護サービスがあります。気がつけば自分の親も高齢者の仲間入りをしていたり、また自分が高齢者になり、誰かからの介護が必要となったりしたときに、ある程度の知識を備えておくことはとても大切です。
何らかの形で介護サービスを決めるとき、何を知っておけばよいのでしょうか。こちらでは介護サービスについて気になることの基本をまとめています。

介護サービスって何?詳細を見る

そもそも介護サービスとはどんなものなのでしょうか。これにはいくつかの種類が設定されています。自宅にいながらにしてホームヘルパーの訪問を受けられたり、また最寄りの介護施設に通いながら介護や各種サービスが受けられたりもします。さらに介護保険施設や特定施設への入居によって受けられるサービスなどもあります。その内容は要介護・支援レベルや諸条件によって違ってきます。

利用者数について詳細を見る

介護サービスの利用者数は年々増加の一途をたどっています。日本全国で何らかの介護サービスを受けている介護保険受給者の中で一番割合が多いのが訪問サービスであるとされ、その総数はトータルで500万人程度になると言われています。老人保健施設などに入居したくても、要介護者が入居できない状況であったり経済的に難しかったりという要素も影響しています。

要介護認定詳細を見る

さまざまな介護サービスを受けるには、各市町村に申請を行って要介護認定もしくは要支援認定を受ける必要があります。要介護レベルは5段階、要支援認定は2段階に分けられ、介護や支援がどのくらい必要かという審査が下されるのです。そうして割り振られたレベルによって、受けられる介護サービスが違ってきます。一度認定を受けても決められた期間で更新を行う必要があります。

訪問サービス詳細を見る

介護サービスは主に在宅サービスと居住サービスの2種類に分けられます。その在宅サービスの1つが訪問サービスです。生活の拠点は自宅のままで、ホームヘルパーや看護スタッフに訪問してもらって各種介護サービスを受けることができるのです。この訪問サービスにもいくつかの種類があり、要介護・支援レベルによって負担額も異なってきます。

在宅サービス詳細を見る

介護サービスを大きく2つに分けるとしたら、自宅に住みながらサービスを受ける在宅型か、もしくは介護保険施設や有料老人ホームなどの特定施設に入居する居住型です。在宅サービスには自宅に介護・看護スタッフが訪問してくれるものや最寄りの介護施設に通うもの、短期間のみ入所するものといった種類があります。施設に入居するのではなく拠点を自宅に置くのは、要介護者本人の状態や経済状況などの理由もあるでしょう。

地域差詳細を見る

2000年に施行されて以降継続している介護保険法ですが、この法律によって決められたさまざまな面で地域差が生まれていることも否めません。例えば65歳以上の第1号被保険者に対して要介護・支援の認定を受けている方の割合や、地域ごとに設定された介護保険料基準額に関しても上位と下位でかなりの違いがあるのです。この地域差をなくして負担を平等にするなどの法律の見直しが求められています。

近い将来、多くの方がサービスとしての介護を受けながら、健康的な生活を目指していくことになるでしょう。介護サービスのこれからは私たちにも無視できないものとなっています。自分の親や祖父母が利用することになったとき、また自分自身が利用に踏み切ったときに、少しでも概要を知っておくことで安心できる面はあるはずです。これからに備えて、介護サービスのことを出来るだけ知っておきましょう。

タウンライフ介護 老人ホーム無料センター
Go Top